膝の故障そして考えたこと

10月中旬、栃木の実家へ行くついでに山を堪能してこようとロードバイクを持って行きました。東京の家の近所では坂はあっても山がないので。シーズンオフ(といったも1回しかイベントに出てませんけど)でも減量は続けていて、良い感じに体重が減っていたので「これは一番良い記録が出るのではなかろうか」と、内心ニヤニヤして出発。

思った通り身体も軽く、最初の唐沢山では自己最高記録をマーク。次は以前工事中で行けなかった林道に向かいました。しかし林道を登り始めてからしばらくすると右膝の前側に痛みが。騙し騙し登りましたが、この時点で結構な痛み。反対側へ降って次は大平山というところで、一旦ストップ。平坦を漕いでても痛みます。ここでやめればよかったのですが、遠くまで来てしまったし、山越えの方が近いし、ということで大平山を登り始めます。もう、苦行。右脚の力が入らず、ほぼ左脚で回す状態。痛みがだんだんしびれに変わり、山を降った後の帰路は平均時速20km出てるかどうかぐらいの状態でした。帰宅して気付いたのですが、歩くのも痛いぐらいに右膝は痛く、痛み止めを飲んでも脚を引きずる感じに。次の日起きてもやはり痛く、薬を飲んで、湿布を貼って過ごしていました。

痛みの原因をネットで沢山調べました。ロードバイクでの膝の痛みは色々あるようですが、私の場合は「膝の前、下側の痛み」だったので、おそらく膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)だったのでしょう。原因は主にオーバーユースで、ロードバイクの場合、大腿四頭筋ばかりを使ったペダリングをすると痛みが生じるようです。治療法はまず安静にし、腫れや痛みが引いたらストレッチ、その後徐々に運動となるようです。

ネットで同様の怪我をした方々のブログなど拝見すると、だいたい2〜4週ぐらいでまた乗れるようになるようなのですが、私の場合は6週近く経っても、10キロぐらい走るとまだ痛みがあります。だいぶ良くはなりましたが。

ここ最近、仕事以外の時間はロードバイク一色(と、家庭・・・)だった私が、ロードバイクに乗ることを奪われてしまいました。かなり堪えましたが、そんな時、友達夫婦にキャンプ誘われて、元来キャンプ好きだった私は久々のキャンプで再燃。今はキャンプのことばかり考えてます(笑)

今後のブログは社長がガチ系ロードバイクネタ。私はまったりロードバイク&キャンプネタとなるでしょう。

次の夢はランドナーで旅をしながらキャンプかなー。camp with bicycle!!

コメントを残す

Top